2013 Tokyo Moodle Moot Presentations Database

 

Presentation ID Number 発表ID:
278
Presenters & Author(s)発表者と著者:
Hiroyuki Harada (Sapporo Gakuin University), Don Hinkelman (Sapporo Gakuin University)
Presentation title 発表標題:
Moodle管理者の憂鬱をやわらげる
Presentation type 提出原稿のタイプ: プレゼンテーション 40分 40 minute presentation
Day & Time 日時: 日 Sunday 12:45 - 13:25
Location 場所: 161C
Presentation abstract 発表内容
全学規模でのMoodle運用にあたっては、学期毎に大量のコース・カテゴリの作成や、履修者の各コースへの登録などの事務的な作業が必要となる。
現在札幌学院大学では、前期・後期にそれぞれおよそ160講義のコースをMoodleに作成し、履修する学生をコースに登録している。
このような作業をスムーズに行うため、CSVファイルをアップロードするだけで複数のコースカテゴリを一括して作成できるツール(Course category upload)、および大量のコースを雛形のコースを複製して複数のカテゴリそれぞれに一括して作成できるツール(Course upload)などのMoodleのサードパーティの管理ツールを中心に、LDAPサーバ(本学ではActiveDirectory)に登録されているユーザにMoodleをスムーズに利用していただくための注意点、Moodle標準機能であるCSVファイルからのユーザアップロード機能を用いた履修登録後のユーザのコースへの登録方法などをデモを交えて紹介する。
When Moodle is used for large-scale operation in a university-wide curriculum, it will require clerical tasks like the creation of large numbers of courses and registration of students. Sapporo Gakuin University creates 160 courses each semester and maintains registration of 3000 students. For smooth operation, we will introduce some administrative features of Moodle and a plug-in demo for reducing time-intensive management tasks.
Presentation topic(s) トピック:
インストールと管理 - Installation and Administration
学校でのMoodle導入事例 - Moodle in traditional educational settings
Keyword(s) キーワード:
site administration, 運用管理, course creation