2013 Tokyo Moodle Moot Presentations Database

 

Presentation ID Number 発表ID:
266
Presenters & Author(s)発表者と著者:
Yoshiro Hamaoka (Hiroshima International University)
Presentation title 発表標題:
問題設定の迅速化 - Quick Quiz Setting
Presentation type 提出原稿のタイプ: プレゼンテーション 40分 40 minute presentation
Day & Time 日時: 土 Saturday 09:30 - 10:10
Location 場所: 162B
Presentation abstract 発表内容
Moodleの運営において最も時間と手数のかかる「QUIZの設定」をできるだけ省力化する方法を次の3つの視点から紹介する。
1.音声および画像の扱いを容易にする「Moodle によるアップロード」では毎回個々ファイルをアップロードしリンクを張るなどの手順をとるが、前もってデータをサーバ内のフォルダにアプロードしておきURLを用いて参照する。GIFT、CLOZEそれぞれのインターフェイスの特質を利用し音声画像を扱う。
2.問題ソースに必要なタグやリンクファイル名をエクセルやワードを用いて準備するSHORTANSWERはワードのマクロを利用することで、MULTICHOICE型はエクセルを利用して単語帳リストなどから容易に作成する。
3.問題の形式やテキストの構成により使用する設定方法を変える
使用する教科書の構成によりMoodleにのせるのが容易なものと複雑なものがある。問題形式が統一されているものはGIFT形式で短時間に作業が進む。しかし、統一性が無いものはCLOZEを利用せざる得ない。そこでエクセルなどで補助し時間短縮をする。
Presentation topic(s) トピック:
Moodleの利用 - Using Moodle
Keyword(s) キーワード:
quiz, CLOZE, Excel