2013 Tokyo Moodle Moot Presentations Database

 

Presentation ID Number 発表ID:
298
Presenters & Author(s)発表者と著者:
Minoru Akiyama (Tohoku University Graduate School)
Presentation title 発表標題:
簡単に使える「適応型テスト」を使ってみませんか?
Presentation type 提出原稿のタイプ: ワークショップ 90分 Workshop 90 mins
Day & Time 日時: 日 Sunday 09:00 - 10:30
Location 場所: 163F
Presentation abstract 発表内容
コンピュータ適応型テスト(CAT)は通常のテストに比べ,50%から30%程度少ない時間で通常のテストと同程度の精度が得られるという特徴を持っている.しかし,今まで使用されてきた項目応答理論に基づくコンピュータ適応型テストでは,テスト項目の特性を推定するために100人以上の受験者の回答データが必要であった.秋山が開発したLRT-CATは,moodle2.3のプラグインであり,潜在ランク理論に基づくコンピュータ適応型テストである.潜在ランク理論は少ない回答データでもテスト項目の特性を推定することができ,1回分のテストの受験データでもCATを実行することができる.さらに,LRT-CATは,CATのアルゴリズムを受験者のパソコン上で分散処理しているので,多くの受験者が同時に受験してもmoodleの「小テスト」より少ない負荷しかサーバにかからないので,小規模なmoodleサーバにも導入することができる.このプレゼンテーションでは,「小テスト」を使って予備テストを行うところから,回答データを分析し,シミュレーションで実行条件を決め,CATを実施するまでの手順を実演する.
Presentation topic(s) トピック:
教授法とMoodle - Pedagogy and Moodle
Moodleの利用 - Using Moodle
Keyword(s) キーワード:
適応型テスト, CAT, スマートフォン