2013 Tokyo Moodle Moot Presentations Database

 

Presentation ID Number 発表ID:
286
Presenters & Author(s)発表者と著者:
Hiroka Watanabe (Kagoshima University), Masaharu Terada (Kagoshima University), Takashi Yamanoue (Kagoshima University), Koichi Shimozono (Kagoshima University)
Presentation title 発表標題:
Moodleの認証方法の移行とカスタマイズ
Presentation type 提出原稿のタイプ: プレゼンテーション 40分 40 minute presentation
Day & Time 日時: 日 Sunday 12:45 - 13:25
Location 場所: 162C
Presentation abstract 発表内容
鹿児島大学(以下、本学とする)では平成20年度文部科学省戦略的大学連携支援事業の一環により、全学でのmoodleの利活用を推進してきた。導入当初、moodleのアカウント情報は他システムと連携を取らず、Moodleの手動アカウントにて登録を行っていた。しかしmoodleの普及に伴う利用ユーザの増加により、学内でのアカウント情報の統一によるサービス向上とセキュリティの安全性の向上が求められた。そこで、本年度9月より、本学、学術情報基盤センターの提供するLDAPサーバーを利用した認証方法への移行を計画実施した。
本発表では、その導入方法と同時に、認証方法の移行に伴う、本学の独自カスタマイズ部分、ならびに携帯電話(フューチャーフォン、スマートフォン含む)での利用を推進するための独自モジュールmoodle lite等の調整事例を報告する。
Presentation topic(s) トピック:
学校でのMoodle導入事例 - Moodle in traditional educational settings
Moodleの利用 - Using Moodle
Keyword(s) キーワード:
認証連携, LDAP, moodle lite