Submit a Proposal for a Presentation

Note: The role you are currently using is a different role from your usual role. The messages below are those that would appear if you were actually logged in as a user with that role. The messages are displayed for testing purposes, even though they may not strictly be relevant to your actual login status.

In order to add, edit or delete a presentation proposal for this conference, you need to log in to this website and enrol in this Moodle course.

If you have a username but are not enrolled in this Moodle course, please click here to enrol and then revisit this page to continue the proposal submission process.

To add a presentation proposal, please click the "Add entry" link below, and fill out the form on the next page.

To edit a presentation proposal, please click the "View single" link below, and then click the edit icon on the next page.

To delete a presentation proposal, please click the "View single" link below, and then click the delete icon on the next page.

ID : 1505
Original submission元の投稿 :
Title題名 : Moodle運用におけるJupyter Notebookの活用
Type種類 : Presentation (40 mins)
Category部類 : Individual presentation
Language言語 : Japanese
Abstract要約 :

Moodleサービスを提供する際には,Moodleの構築作業とともに,セキュリティアップデート作業を継続的かつ確実に実施する必要がある。このため,運用系のMoodleの他に,検証系,バックアップ系等の複数のMoodleを運用することが定石となっている。本発表では,主に大学でMoodleのインストール,アップデート等を行っている管理者を想定し,Jupyter Notebook,及びDockerコンテナ環境を利用した運用方法を提案し,これらのツールを利用してMoodleの構築,アップデート作業実施の省力化を図った結果を発表する。

本方式では,仮想マシン1台で運用するMoodle環境を想定し,検証環境と運用環境を同梱した環境を構築した。両環境と両者の切り替えに利用するリバースプロキシは全てDockerコンテナを利用して構築し,仮想マシン1台の中で独立した2つの環境を作成することで仮想マシンリソースの削減を行った。

アップデート時には本番環境の複製を必要とするが,本方式では,Moodleのアップデート時の検証環境を運用環境に切り替えることで実現した。この方式により切り戻しが容易となる。また,ダウンタイムを少なくするための方策として,Copy on write機能を有するファイルシステム上でデータベース領域,Moodledata領域を実装し,運用環境の複製の時間を最小限にとどめた。

以上の手順はJupyter Notebookを利用して実装し,自動実行/手動実行を選択して実行しつつ,手順の記録,実行記録が残る構成とした。発表では,本方式を利用してMoodleの運用を行った事例と利用した手法の詳細を紹介する。

Keywordsキーワード : Moodleの構築,運用
Topicsトピック : Using Moodle
Presentation times発表時間 :
Main presenter筆頭発表者 : Nobukuni HAMAMOTO 浜元 信州
Affiliation所属 : Gunma University 群馬大学 (Gunma, JAPAN)
EmailEメール :
Co-presenter (2)共同研究者(2) : Shigetoshi YOKOYAMA (Gunma University)
Co-presenter (3)共同研究者(3) : Atsuko TAKEFUSA (National Institute of Informatics)
Co-presenter (4)共同研究者(4) : Kento AIDA (National Institute of Informatics)
Co-presenter (5)共同研究者(5) : Yoshitaka KUWATA (Muroran Institute Of Technology)
Handout資料 :
Slidesスライド :
Commentsコメント :
Added by入力ユーザ :
Date added入力日付 : Friday, 27 October 2017, 2:59 PM
Date modified更新日付 : Sunday, 3 December 2017, 11:29 PM
Message from the
Vetting Committee
試査委員会からの
メッセージ
:
Peer review査読 :
Submission status処理状況 :
Schedule numberスケジュール番号 : 203-P
Schedule day開催予定日 : Feb 22nd (Thu)
Schedule time開催予定時刻 : 09:30 - 10:10
Schedule duration開催予定時間 : 40 mins
Schedule room name開催予定室名 : Room 1404 (40 seats)
Schedule room seats開催予定室名の坐整数 :
Schedule audience聴講予定者 :