Submit a Proposal for a Presentation

Note: The role you are currently using is a different role from your usual role. The messages below are those that would appear if you were actually logged in as a user with that role. The messages are displayed for testing purposes, even though they may not strictly be relevant to your actual login status.

In order to add, edit or delete a presentation proposal for this conference, you need to log in to this website and enrol in this Moodle course.

If you have a username but are not enrolled in this Moodle course, please click here to enrol and then revisit this page to continue the proposal submission process.

To add a presentation proposal, please click the "Add entry" link below, and fill out the form on the next page.

To edit a presentation proposal, please click the "View single" link below, and then click the edit icon on the next page.

To delete a presentation proposal, please click the "View single" link below, and then click the delete icon on the next page.

ID : 1509
Original submission元の投稿 :
Title題名 : Moodle の問題バンクを利用した LINE Chat Bot による小テストシステムの試作
Type種類 : Presentation (20 mins)
Category部類 : Individual presentation
Language言語 : Japanese
Abstract要約 :

モバイル環境で, Moodleをアプリやブラウザに加えChatインターフェイスで使えるようにすることは,機能の一部であっても意味がある.Chatはモバイル環境と親和性が高く,学習コストが低く,さらにシステムが相手となって学習者の行動を誘導できる可能性がある.Moodleの問題バンクの問題群を利用し,日本で普及したSNSであるLINEのChatで問題をルールベースで自動的に出題・採点・誤答へのフィードバックを行うシステムを試作したことを報告する.学習者はChat Botと友だち登録し,小テストに相当する問題演習を行う.多肢選択や穴埋め問題タイプに対応する. Moodleとシステムは外部ファイル経由でデータ連携する.LINEでのLINE Botへの登録は, メールでの匿名メーリングリストへの登録に例えられ,学習者の個人IDを教員が収集する必要はないが, Moodleのユーザ登録とは別に行う必要がある.今回は少数の被験者による動作検証の報告であり,教育効果の検証は今後の課題である.

Keywordsキーワード : Chat, Bot, Quiz, Question Bank, Moodle XML
Topicsトピック : Integrating Moodle
Presentation times発表時間 :
Main presenter筆頭発表者 : Mr. Saburo HIGUCHI 樋口 三郎
Affiliation所属 : Ryukoku University 龍谷大学 (Shiga, JAPAN)
EmailEメール :
Co-presenter (2)共同研究者(2) : Mr. Shogo SHIBAHARA (Ryukoku University)
Handout資料 :
Slidesスライド :
Commentsコメント :
Added by入力ユーザ :
Date added入力日付 : Saturday, 28 October 2017, 1:18 PM
Date modified更新日付 : Monday, 25 December 2017, 12:09 AM
Message from the
Vetting Committee
試査委員会からの
メッセージ
:
Peer review査読 :
Submission status処理状況 :
Schedule numberスケジュール番号 : 220-P
Schedule day開催予定日 : Feb 22nd (Thu)
Schedule time開催予定時刻 : 15:10 - 15:20
Schedule duration開催予定時間 : 10 mins
Schedule room name開催予定室名 : Room 1406 (40 seats)
Schedule room seats開催予定室名の坐整数 :
Schedule audience聴講予定者 :