Submit a Proposal for a Presentation

Note: The role you are currently using is a different role from your usual role. The messages below are those that would appear if you were actually logged in as a user with that role. The messages are displayed for testing purposes, even though they may not strictly be relevant to your actual login status.

In order to add, edit or delete a presentation proposal for this conference, you need to log in to this website and enrol in this Moodle course.

If you have a username but are not enrolled in this Moodle course, please click here to enrol and then revisit this page to continue the proposal submission process.

To add a presentation proposal, please click the "Add entry" link below, and fill out the form on the next page.

To edit a presentation proposal, please click the "View single" link below, and then click the edit icon on the next page.

To delete a presentation proposal, please click the "View single" link below, and then click the delete icon on the next page.

ID : 1523
Original submission元の投稿 :
Title題名 : Logstore xAPIプラグインを用いたLearning Lockerとの接続検証
Type種類 : Presentation (20 mins)
Category部類 : Individual presentation
Language言語 : Japanese
Abstract要約 :

LMSの学習履歴をLRS(Learning Record Store)で管理し、学習分析や教学IRに用いる事例が増えてきている。今回、Logstore xAPIプラグイン 2.2.1を利用し、Moodle 3.3.2とオープンソースLRSであるLearning Locker 2.0.4との接続検証を行った。この結果、以下の特徴が明らかとなった。(1)Logstore xAPIはlogstore_standard_logのデータを用いており、ページ閲覧履歴などを時系列で整理・解析するには適する(2)小テストの回答ログは1回の受験が1つのxAPI記述にまとめられており、回答傾向などを解析するには不便である(3)小テストに自由記述が含まれているとviewedログしか残らず、学習者が小テストを提出したログが残らない(4)課題では提出や採点の記録は残るが、提出内容についてはオンラインテキストであっても記録されない(5)フォーラムやフィードバックはviewedログしか残らず、投稿したか否か判別できない。(2)〜(5)についてはプラグインの改良が必要となる。一方、Learning LockerはJSONで学習履歴を受け取ることもできるため、小テスト回答結果等の詳細をMoodleのデータベースから別プラグイン等で出力し、JSONで流し込むなどの代替策を検討することも可能である。

Keywordsキーワード : xAPI, Learning Record Store, Learning Locker
Topicsトピック : Using Moodle
Presentation times発表時間 :
Main presenter筆頭発表者 : Mr. Yoshikazu ASADA 淺田 義和
Affiliation所属 : Jichi Medical University 自治医科大学 (栃木県, Japan)
EmailEメール :
Handout資料 :
Slidesスライド :
Commentsコメント :
Added by入力ユーザ :
Date added入力日付 : Monday, 30 October 2017, 4:23 PM
Date modified更新日付 : Monday, 4 December 2017, 5:37 PM
Message from the
Vetting Committee
試査委員会からの
メッセージ
:
Peer review査読 :
Submission status処理状況 :
Schedule numberスケジュール番号 : 211-P
Schedule day開催予定日 : Feb 22nd (Thu)
Schedule time開催予定時刻 : 10:40 - 11:00
Schedule duration開催予定時間 : 20 mins
Schedule room name開催予定室名 : Room 1304 (40 seats)
Schedule room seats開催予定室名の坐整数 :
Schedule audience聴講予定者 :