Submit a Proposal for a Presentation

Note: The role you are currently using is a different role from your usual role. The messages below are those that would appear if you were actually logged in as a user with that role. The messages are displayed for testing purposes, even though they may not strictly be relevant to your actual login status.

In order to add, edit or delete a presentation proposal for this conference, you need to log in to this website and enrol in this Moodle course.

If you have a username but are not enrolled in this Moodle course, please click here to enrol and then revisit this page to continue the proposal submission process.

To add a presentation proposal, please click the "Add entry" link below, and fill out the form on the next page.

To edit a presentation proposal, please click the "View single" link below, and then click the edit icon on the next page.

To delete a presentation proposal, please click the "View single" link below, and then click the delete icon on the next page.

ID : 1785
Original submission元の投稿 :
Title題名 : STEM 教育における Moodle の活用実践
Type種類 : Presentation (40 mins)
Category部類 : Individual presentation
Language言語 : Japanese
Abstract要約 :

筆者らは STEM (科学・技術・工学・数学)教育に対して多様な Plugins/Addons を多用させて主体的・対話的・可視的・協調的な学習環境作りを実践しています。 

第一に、数式組版システム TeX 、数式処理システム Maxima と小テスト問題形式 STACK を組み合わせて、学生が所持している Smart Device(ノートPC、スマートフォンなど)で受験できる数学基礎教育向けオンラインテストを提供しています。その結果、論理数式の記述式問題、自動採点を確立させた学習環境を実現させています。さらに学習データ分析(LA)により自主的学修時間の分析を試みています。

第二に、E-Voting プラグインを組み合わせて、SmartDevice をクリッカーとして機能させて多肢選択問題に対する即時集計・閲覧を行うことで学習者集団の知見・認識を即時的に共有できる学習環境を提供させています。すなわちアクティブ・ラーニング(AL)化になります。

第三に、ワークショップまたは小テスト機能によるルーブリック評価を活用して、学習成果物に対するピア・レビューを実行させています。これは協調的な学習環境を実現させたAL化になります。

これらにおいて、STEM 教育における重要なキー「ICT」「BYOD」「LA」「AL」と組み合わせて、「LMS」としての Moodle の活用実践を報告します。

Keywordsキーワード : STEM教育、数学基礎教育、オンラインテスト、アクティブラーニング、ルーブリック評価
Topicsトピック : Moodle in traditional educational settings
Presentation times発表時間 :
Main presenter筆頭発表者 : Mr. Masumi KAMEDA 亀田 真澄
Affiliation所属 : Sanyo-Onoda City University 山陽小野田市立山口東京理科大学 (山口県, Japan)
EmailEメール :
Co-presenter (2)共同研究者(2) : Mr. 暢 宇田川 (新潟大学学術基盤機構情報基盤センター)
Handout資料 :
Slidesスライド :
Commentsコメント :
Added by入力ユーザ :
Date added入力日付 : Sunday, 21 October 2018, 3:54 PM
Date modified更新日付 : Tuesday, 15 January 2019, 9:55 PM
Message from the
Vetting Committee
試査委員会からの
メッセージ
:
Peer review査読 :
Submission status処理状況 :
Schedule numberスケジュール番号 : 305-P
Schedule day開催予定日 : Mar 1st (Fri)
Schedule time開催予定時刻 : 09:20 - 10:00
Schedule duration開催予定時間 : 40 mins
Schedule room name開催予定室名 : Room 205 (80 seats)
Schedule room seats開催予定室名の坐整数 : 80 seats
Schedule audience聴講予定者 :