Submit a Proposal for a Presentation

Note: The role you are currently using is a different role from your usual role. The messages below are those that would appear if you were actually logged in as a user with that role. The messages are displayed for testing purposes, even though they may not strictly be relevant to your actual login status.

In order to add, edit or delete a presentation proposal for this conference, you need to log in to this website and enrol in this Moodle course.

If you have a username but are not enrolled in this Moodle course, please click here to enrol and then revisit this page to continue the proposal submission process.

To add a presentation proposal, please click the "Add entry" link below, and fill out the form on the next page.

To edit a presentation proposal, please click the "View single" link below, and then click the edit icon on the next page.

To delete a presentation proposal, please click the "View single" link below, and then click the delete icon on the next page.

ID : 1826
Original submission元の投稿 :
Title題名 : 小テストにおけるノート提出機能と手書きノートのログ取得機能の開発
Type種類 : Presentation (40 mins)
Category部類 : Individual presentation
Language言語 : Japanese
Abstract要約 :

我々は以前,小テストの問題タイプSTACKにおいて,解答の提出と同時に,解答に至る計算などの思考過程もあわせて提出する機能として,ノートを撮影したもの,タブレットなどに手書きにより記述したものを提出する機能を開発した。この機能は,STACKの新しい解答タイプとして開発したもので,STACK以外の問題タイプでは利用できなかった。しかし,例えば多肢選択式の問題であったとしても,その思考過程を知る必要がある場合も考えられる。例えば,理数系科目で多肢選択式の問題を利用する場合も,計算などの思考過程をあわせて提出することで,誤答であった場合,どこで躓いているのかを確認することができるし,当てずっぽうで答えていないことの確認にもなる。そこで,STACK以外の問題タイプでもノートを提出することができるような機能を開発した。なお,この機能はquestion behaviorプラグインとnoteブロックを利用するため,既存のMoodleに追加可能であり,Moodleのソースコードの改変を必要とするものではない。また,タブレットなどに記述したノートの場合,ペン利用開始・終了,消しゴムの利用などのログを保存する機能を設けることで,今後のペン入力データの解析に応用することが期待できる。

Keywordsキーワード : 小テスト,ノート,ログ
Topicsトピック : Using Moodle
Presentation times発表時間 :
Main presenter筆頭発表者 : Dr. Yasuyuki NAKAMURA 中村 泰之
Affiliation所属 : Nagoya University 名古屋大学 (愛知県, Japan)
EmailEメール :
Co-presenter (2)共同研究者(2) : Mr. Takahiro NAKAHARA (合同会社三玄舎)
Handout資料 :
Slidesスライド :
Commentsコメント :
Added by入力ユーザ :
Date added入力日付 : Wednesday, 31 October 2018, 10:03 PM
Date modified更新日付 : Friday, 18 January 2019, 3:40 PM
Message from the
Vetting Committee
試査委員会からの
メッセージ
:
Peer review査読 :
Submission status処理状況 :
Schedule numberスケジュール番号 : 242-P
Schedule day開催予定日 : Feb 28th (Thu)
Schedule time開催予定時刻 : 16:00 - 16:10
Schedule duration開催予定時間 : 10 mins
Schedule room name開催予定室名 : Room 204 (80 seats)
Schedule room seats開催予定室名の坐整数 : 80 seats
Schedule audience聴講予定者 :