Submit a Proposal for a Presentation

Note: The role you are currently using is a different role from your usual role. The messages below are those that would appear if you were actually logged in as a user with that role. The messages are displayed for testing purposes, even though they may not strictly be relevant to your actual login status.

In order to add, edit or delete a presentation proposal for this conference, you need to log in to this website and enrol in this Moodle course.

If you have a username but are not enrolled in this Moodle course, please click here to enrol and then revisit this page to continue the proposal submission process.

To add a presentation proposal, please click the "Add entry" link below, and fill out the form on the next page.

To edit a presentation proposal, please click the "View single" link below, and then click the edit icon on the next page.

To delete a presentation proposal, please click the "View single" link below, and then click the delete icon on the next page.

ID : 1831
Original submission元の投稿 :
Title題名 : Moodle への履修登録情報反映方法の比較
Type種類 : Presentation (40 mins)
Category部類 : Individual presentation
Language言語 : Japanese
Abstract要約 :

 高等教育機関において,組織として Moodle を利用する場合,教務システムの履修登録情報を Moodle のコース登録へと反映する必要がある.教務システムの履修登録情報の反映については,複数の高等教育機関において,連携システムの開発などにより実施されている.しかし,信州大学の運用においては,単位を必要としない聴講生や市民開放授業,ゼミ生の聴講など,履修登録者以外のコース登録が多くあることが問題となった.また,FD/SD や,卒論・ゼミ指導など,授業以外の用途への Moodle の活用が広まりつつあり,これらについても一元管理できることが望ましい状況となった.そこで,教務システムとMoodle の間に,独自のユーザ管理DBを設置し,履修登録者を含め,様々な利用者のコース登録管理を行うこととした.このユーザ管理DBを置くことで,既存の教務システムに対するMoodle との連携のための改修を最小限に留めることが可能となった.また,ユーザ管理DBから Moodle のコース登録の反映については,常時同期することは,双方のシステムにとって高負荷となることから,ユーザ登録に求められる即時性の度合いを分類し,その度合に応じて情報の反映方法を変えることとした.本発表では,信州大学における事例を元に, Moodle がもつコース登録方法のメリット・デメリットの比較と,現在,我々が採用している反映方法についての紹介を行う.

Keywordsキーワード : 履修登録, コース登録
Topicsトピック : Using Moodle
Presentation times発表時間 :
Main presenter筆頭発表者 : Mr. Masaaki NIIMURA 新村 正明
Affiliation所属 : Shinshu University 信州大学 (長野県, Japan)
EmailEメール :
Co-presenter (2)共同研究者(2) : Ms. 暁子 長岡 (信州大学)
Co-presenter (3)共同研究者(3) : Ms. 美代子 石田 (信州大学)
Handout資料 :
Slidesスライド :
Commentsコメント :
Added by入力ユーザ :
Date added入力日付 : Thursday, 1 November 2018, 2:38 PM
Date modified更新日付 : Tuesday, 15 January 2019, 9:54 PM
Message from the
Vetting Committee
試査委員会からの
メッセージ
:
Peer review査読 :
Submission status処理状況 :
Schedule numberスケジュール番号 : 304-P
Schedule day開催予定日 : Mar 1st (Fri)
Schedule time開催予定時刻 : 09:20 - 10:00
Schedule duration開催予定時間 : 40 mins
Schedule room name開催予定室名 : Room 204 (80 seats)
Schedule room seats開催予定室名の坐整数 : 80 seats
Schedule audience聴講予定者 :