Single view

Presenters発表者
Main presenter筆頭発表者
Dr. Hiroshi MIHARA 三原 弘
Affiliation所属機関
University of Toyama 富山大学 Toyama Japan
Presenter [2]発表者[2]
Presenter [3]発表者[3]
Presenter [4]発表者[4]
Presenter [5]発表者[5]
Presentation details 発表詳細
Presentation title発表の題名
医学生の実技の練習、互いの評価、及び自動解析ツールとしてのMoodle
Presentation abstract発表の要約

【背景】医学生は実技を模擬練習する必要があるが、指導者不足、紙解析が課題である。学生同士の評価は有用である。

【目的】Moodleで実技を医学生同士で練習、評価し、自動解析された。

【対象・方法】医学科4年生にMoodleから模擬患者情報や「胃管を挿入せよ」などの課題と模範動画を提示し、当日は2人組で、スマートフォンからMoodleにログインさせ、相手に渡し、片方が実施、片方がMoodle上のチェックリストで評価した。チェックリストは、小テスト(多肢選択問題、複数回答許可)で構築し、評価後に自動でフィードバックされた。課題・項目毎のファシリティ指数、識別指数が自動解析された。

【結果】登録率95.7%。問診、診察などの課題で識別率が高い項目が明らかとなった。胃管挿入などの課題で、評点は満点近くとなり、ファシリティー指数67.0%96.4%、識別指数28.9%~58.8%であった。

【考察】Moodleとスマートフォンを用い、医学生が13種類以上の実技を効率的に練習、互いで評価を実施できた。課題・項目毎の自動解析もなされた。学生による評価の信頼性は課題である。

【結語】医学生が実技を練習し、互いに評価し、自動解析させるツールとしてMoodleは有用である。


Original submission元の原稿
Keywordsキーワード
医学生、ピア評価、パフォーマンス評価
Topicトピック
Possible presentation times可能な発表時間
Handout file資料のファイル
Presentation slides fileスライドのファイル
Presentation URL発表のURL
Presentation video発表のビデオ
https://moodlejapan.org/mod/bigbluebuttonbn/view.php?id=2190
Comments or questionsコメント・質問
Submitted by提出ユーザ
Hiroshi MIHARA
Submitted: 提出: Wednesday, 9 December 2020, 9:28 PM
Modified: 更新: Monday, 25 January 2021, 11:35 PM
Peer review査読
Peer review score査読評価
Peer review details査読詳細
Peer review notes査読メモ
Scheduleスケジュール
Schedule numberスケジュール番号
311-P