Submit a Proposal for a Presentation

Note: The role you are currently using is a different role from your usual role. The messages below are those that would appear if you were actually logged in as a user with that role. The messages are displayed for testing purposes, even though they may not strictly be relevant to your actual login status.

In order to add, edit or delete a presentation proposal for this conference, you need to log in to this website and enrol in this Moodle course.

If you have a username but are not enrolled in this Moodle course, please click here to enrol and then revisit this page to continue the proposal submission process.

To add a presentation proposal, please click the "Add entry" link below, and fill out the form on the next page.

To edit a presentation proposal, please click the "View single" link below, and then click the edit icon on the next page.

To delete a presentation proposal, please click the "View single" link below, and then click the delete icon on the next page.

ID : 1476
Original submission元の投稿 :
Title題名 : バッジ認証機能を導入した医療英語語彙学習コースの開発と評価
Type種類 : Presentation (20 mins)
Category部類 : Individual presentation
Language言語 : Japanese
Abstract要約 :

本研究では、学習によって達成したスキルや知識を可視化し、学習への動機付けをはかる目的で、Moodleの「バッジ認証機能」を導入した医療語彙学習コースを開発し、運用評価を行った。本コースは、「人体」、「疾患名」、「検査」、「接頭辞・接尾辞」等、計13のセクションで構成され、各セクションには、「多肢選択」、「スペルアウト」、「組み合わせ」の3種類のクイズを準備し、学習者がすべてのクイズに合格すると「セクションバッジ」を授与し、13セクションをすべて修了し、確認テストに合格すると「コースバッジ」を授与するデザインとした。医学科1年生102名を対象に本コースを運用し、事後アンケートにより評価を行った。その結果、88.2%が「本コースは医学語彙学習に役立った」、85.3%が「構成が良かった」、84.3%が「バッジ認証による評価システムが分かりやすかった」と回答した一方で、「バッジが学習達成度の確認に役立った」と回答した学生は67.6%、「バッジ習得が学習動機に役立った」と回答した学生は63.7%と、全体の2/3程度にとどまった。また、自由記述の回答には、バッジのデザイン、バッジの提示について改善が必要とのコメントが寄せられた。こうした結果から、バッジ認証機能の効果的な利用には、バッジの提示方法の改善とともに、バッジ習得の意義や価値を学習者に明確に提示するといった、動機付け向上に向けた方策が必要であることが判明した。

Keywordsキーワード : バッジ認証、英語学習、動機付け、ポートフォリオ、評価
Topicsトピック : Using Moodle
Presentation times発表時間 :
Main presenter筆頭発表者 : Prof. Jun IWATA 岩田 淳
Affiliation所属 : Shimane University 島根大学 (Shimane, Japan)
EmailEメール :
Co-presenter (2)共同研究者(2) : Mr. Shudong Wang (Shimane University)
Co-presenter (3)共同研究者(3) : Mr. John Telloyan (Shimane University)
Co-presenter (4)共同研究者(4) : Ms. Lynne Murphy (Shimane University)
Handout資料 :
Slidesスライド :
Commentsコメント :
Added by入力ユーザ :
Date added入力日付 : Wednesday, 20 September 2017, 3:14 PM
Date modified更新日付 : Thursday, 21 December 2017, 12:40 PM
Message from the
Vetting Committee
試査委員会からの
メッセージ
:
Peer review査読 :
Submission status処理状況 :
Schedule numberスケジュール番号 : 213-P
Schedule day開催予定日 : Feb 22nd (Thu)
Schedule time開催予定時刻 : 10:40 - 11:00
Schedule duration開催予定時間 : 20 mins
Schedule room name開催予定室名 : Room 1406 (40 seats)
Schedule room seats開催予定室名の坐整数 :
Schedule audience聴講予定者 :