Submit a Proposal for a Presentation

Note: The role you are currently using is a different role from your usual role. The messages below are those that would appear if you were actually logged in as a user with that role. The messages are displayed for testing purposes, even though they may not strictly be relevant to your actual login status.

In order to add, edit or delete a presentation proposal for this conference, you need to log in to this website and enrol in this Moodle course.

If you have a username but are not enrolled in this Moodle course, please click here to enrol and then revisit this page to continue the proposal submission process.

To add a presentation proposal, please click the "Add entry" link below, and fill out the form on the next page.

To edit a presentation proposal, please click the "View single" link below, and then click the edit icon on the next page.

To delete a presentation proposal, please click the "View single" link below, and then click the delete icon on the next page.

ID : 1489
Original submission元の投稿 :
Title題名 : 講義内容の理解を促進するための協調学習環境meaQsモジュールの開発
Type種類 : Showcase (90 mins)
Category部類 : Individual presentation
Language言語 : Japanese
Abstract要約 :

 大学で行われる授業形式の中でも最も頻度が高いタイプの授業である講義型授業をアクティブ・ラーニング環境へと変容させるmeaQsシステムについて報告する。meaQsシステムは、受講生自身で授業内容の理解を問うための問題を作成し、共有することによって、専門的知識の獲得と理解を支援するための協調学習環境である。meaQsシステムには、(1)問題作成、(2)他の受講生が作成した問題を解く問題演習、(3)システム内に蓄積された問題への評価、そして(4)利用状況を一覧するためのダッシュボードが備わっている。

 2015年度前期に、meaQsシステム(Rails版)を大阪府立大学の教養科目「心理学への招待」(受講生110名)と専門科目「心理発達と環境」(受講生23名)の授業に導入し、実践的検討を行った。授業は通常の講義形式で行われ、受講生には講義内容の重要なポイントを問う選択問題6問と記述問題3問を作成するように求めた。実践の結果、(1)meaQsシステムを授業に導入することによって、受講生の能動的学習を促進すること、(2)meaQsシステムを利用した作問学習が講義内容の意味的理解を促進すること、(3)教養科目の授業よりは専門科目での授業の方が有効性が高いこと、が明らかになった。

 2017年度よりmeaQsシステム(Moodle版)を全学展開し、現在、3学域、3研究科、1機構の計18科目(のべ受講生827名)で利用され、安定稼働している。

Keywordsキーワード : meaQsシステム、CSCL、作問学習、アクティブ・ラーニング
Topicsトピック : Moodle development
Presentation times発表時間 :
Main presenter筆頭発表者 : Dr. Masahiko OKAMOTO 岡本 真彦
Affiliation所属 : Osaka Prefecture University 大阪府立大学 (大阪府, Japan)
EmailEメール :
Co-presenter (2)共同研究者(2) : Dr. Atsuhiro KOJIMA (大阪府立大学)
Co-presenter (3)共同研究者(3) : Ms. Kumiko KIMURA (株式会社BTree)
Co-presenter (4)共同研究者(4) : Mr. Mitsuru HAYASAKA (ラフノート株式会社)
Handout資料 :
Slidesスライド :
Commentsコメント :
Added by入力ユーザ :
Date added入力日付 : Friday, 29 September 2017, 6:51 PM
Date modified更新日付 : Wednesday, 24 January 2018, 3:58 PM
Message from the
Vetting Committee
試査委員会からの
メッセージ
:
Peer review査読 :
Submission status処理状況 :
Schedule numberスケジュール番号 : 304-C
Schedule day開催予定日 : Feb 23rd (Fri)
Schedule time開催予定時刻 : 10:10 - 10:30
Schedule duration開催予定時間 : 90 mins
Schedule room name開催予定室名 : Room 1403 (40 seats)
Schedule room seats開催予定室名の坐整数 :
Schedule audience聴講予定者 :