Submit a Proposal for a Presentation

Note: The role you are currently using is a different role from your usual role. The messages below are those that would appear if you were actually logged in as a user with that role. The messages are displayed for testing purposes, even though they may not strictly be relevant to your actual login status.

In order to add, edit or delete a presentation proposal for this conference, you need to log in to this website and enrol in this Moodle course.

If you have a username but are not enrolled in this Moodle course, please click here to enrol and then revisit this page to continue the proposal submission process.

To add a presentation proposal, please click the "Add entry" link below, and fill out the form on the next page.

To edit a presentation proposal, please click the "View single" link below, and then click the edit icon on the next page.

To delete a presentation proposal, please click the "View single" link below, and then click the delete icon on the next page.

ID : 1497
Original submission元の投稿 :
Title題名 : グループウェアとしてのMoodle
Type種類 : Presentation (20 mins)
Category部類 : Individual presentation
Language言語 : Japanese
Abstract要約 :

北里大学一般教育部における,教職員のグループウェアとしてのMoodleの活用事例を報告する。事例は以下の通りである。1) 「フォーラム」を設置してメーリングリストとして利用する。これによって通常メーリングリストの添付ファイル等のセキュリティの問題を解決することができる。2) 「フォーラム」記事の投稿後編集機能を利用して文書の共同編集をおこなう。フォーラムで編集案を議論できるので,共同編集の分かりにくさが解消される。3) 教員に「教師」ではなく「学生」パーミッションのみを与えた事務局コースを作り,「課題」によって事務局から各教員に個人情報等を含むファイルを個別配布したり,回収したりする。以前はUSBメモリの受け渡しで行っていた秘密ファイルのやり取りを安全迅速におこなうことができる。これらの事例では,Moodleに非標準モジュールを導入したり,Moodleコードを修正したりはしていない。しかし,もしMoodleが標準で備えていれば,よりわかりやすいグループウェアが可能になるユーザーインターフェイスの修正案についても指摘する。

Keywordsキーワード : グループウェア
Topicsトピック : Moodle in traditional educational settings
Presentation times発表時間 :
Main presenter筆頭発表者 : Dr. Hiroshi FUKUDA 福田 宏
Affiliation所属 : Kitasato University 北里大学 (東京都, Japan)
EmailEメール :
Co-presenter (2)共同研究者(2) : Dr. Hiroko HAMAZAKI (北里大学)
Handout資料 :
Slidesスライド :
Commentsコメント :
Added by入力ユーザ :
Date added入力日付 : Sunday, 22 October 2017, 1:55 PM
Date modified更新日付 : Sunday, 3 December 2017, 11:24 PM
Message from the
Vetting Committee
試査委員会からの
メッセージ
:
Peer review査読 :
Submission status処理状況 :
Schedule numberスケジュール番号 : 216-P
Schedule day開催予定日 : Feb 22nd (Thu)
Schedule time開催予定時刻 : 15:10 - 15:20
Schedule duration開催予定時間 : 10 mins
Schedule room name開催予定室名 : Room 1303 (40 seats)
Schedule room seats開催予定室名の坐整数 :
Schedule audience聴講予定者 :