Submit a Proposal for a Presentation

Note: The role you are currently using is a different role from your usual role. The messages below are those that would appear if you were actually logged in as a user with that role. The messages are displayed for testing purposes, even though they may not strictly be relevant to your actual login status.

In order to add, edit or delete a presentation proposal for this conference, you need to log in to this website and enrol in this Moodle course.

If you have a username but are not enrolled in this Moodle course, please click here to enrol and then revisit this page to continue the proposal submission process.

To add a presentation proposal, please click the "Add entry" link below, and fill out the form on the next page.

To edit a presentation proposal, please click the "View single" link below, and then click the edit icon on the next page.

To delete a presentation proposal, please click the "View single" link below, and then click the delete icon on the next page.

ID : 1500
Original submission元の投稿 :
Title題名 : Word文書を利用したMoodle小テスト問題の一括作成(5) -ドラッグ&ドロップマーカー問題の変換および逆変換-
Type種類 : Presentation (40 mins)
Category部類 : Individual presentation
Language言語 : Japanese
Abstract要約 :

これまで我々はMoodle小テスト問題について,Word文書で問題を作成しMoodleにインポート可能なXML形式に変換するツールを開発し報告してきた.今回は,Moodle3.0で追加された小テストの問題タイプである「ドラッグ&ドロップマーカー」対応の変換ツールを新たに開発したので発表する.
小テスト「ドラッグ&ドロップマーカー」タイプの問題をMoodle上で編集する場合は,まずは背景イメージのファイルをアップロードし,マーカー(テキスト)を入力する.そして,正答ドロップゾーンを座標形式の数値で定義するのであるが,この時,プレビュー画面を確認ながら数値を調整する必要がある.一方,本ツールは,Word文書に貼り付けた背景画像上にドロップゾーンを描き込み,それらの配置をそのままMoodle上に再現するものであり,数値での試行錯誤の調整作業は不要である.また,本ツールには,MoodleからエクスポートしたXML形式ファイルをWordファイルへ変換する(逆変換)機能も持たせた.これにより,Moodle上にある問題をプレビューイメージと同様の形でPC上に蓄積することができる.
当日は,本ツール開発における技術的な解説とツール利用法および活用事例を紹介する.

Keywordsキーワード : 小テスト,ドラッグ&ドロップ問題,問題一括変換,ツール開発,活用事例
Topicsトピック : Using Moodle
Presentation times発表時間 :
Main presenter筆頭発表者 : Ms. Sakiko UEKI 上木 佐季子
Affiliation所属 : University Of Toyama 富山大学 (富山県, Japan)
EmailEメール :
Co-presenter (2)共同研究者(2) : Dr. Hiroshi KIHARA (University Of Toyama)
Co-presenter (3)共同研究者(3) : Mr. Atsushi HATA (University Of Toyama)
Handout資料 :
Slidesスライド :
Commentsコメント :
Added by入力ユーザ :
Date added入力日付 : Monday, 23 October 2017, 3:44 PM
Date modified更新日付 : Wednesday, 6 December 2017, 6:15 PM
Message from the
Vetting Committee
試査委員会からの
メッセージ
:
Peer review査読 :
Submission status処理状況 :
Schedule numberスケジュール番号 : 308-P
Schedule day開催予定日 : Feb 23rd (Fri)
Schedule time開催予定時刻 : 10:10 - 10:30
Schedule duration開催予定時間 : 20 mins
Schedule room name開催予定室名 : Room 1404 (40 seats)
Schedule room seats開催予定室名の坐整数 :
Schedule audience聴講予定者 :