Submit a Proposal for a Presentation

Note: The role you are currently using is a different role from your usual role. The messages below are those that would appear if you were actually logged in as a user with that role. The messages are displayed for testing purposes, even though they may not strictly be relevant to your actual login status.

In order to add, edit or delete a presentation proposal for this conference, you need to log in to this website and enrol in this Moodle course.

If you have a username but are not enrolled in this Moodle course, please click here to enrol and then revisit this page to continue the proposal submission process.

To add a presentation proposal, please click the "Add entry" link below, and fill out the form on the next page.

To edit a presentation proposal, please click the "View single" link below, and then click the edit icon on the next page.

To delete a presentation proposal, please click the "View single" link below, and then click the delete icon on the next page.

ID : 1502
Original submission元の投稿 :
Title題名 : タイ日本語教育におけるMoodle導入時に必要な技術支援
Type種類 : Presentation (40 mins)
Category部類 : Individual presentation
Language言語 : Japanese
Abstract要約 :

本研究では、タイ人日本語人材の育成を目的とした日本文化・知識を学ぶ『日本事情』eラーニングコースを開発し、タイ国内の主要4地域(北部・東北部・南部・バンコク)の大学日本語主専攻課程に提供した。タイ高等教育機関は学習管理システムに高い関心を寄せ、既にMoodle等を用意している教育機関は多いものの、実際の授業実施においては衛星放送や遠隔授業などの同期型学習が好まれる傾向がある。また教育機関の持つ設備が教材開発に足るスペックでないことやインターネット環境が不安定であること、あるいは日本語教師がコンピュータ操作に慣れていないことからMoodleを積極的に活用しているとは言いがたいのが現状である。そのため、授業にMoodleを導入するにあたって、受講者であるタイ人日本語学習者のみならず、現地でMoodleを使用して授業を行う日本語教師に対する十分な支援体制が必要不可欠であることが分かった。本発表ではMoodle導入時に発生した技術的な問題とその解決策について実例を挙げて報告するとともに今後のタイ日本語教育におけるMoodle活用方法について考察する。

Keywordsキーワード : タイ 日本語教育 日本事情 日本語人材
Topicsトピック : Using Moodle
Presentation times発表時間 :
Main presenter筆頭発表者 : Ms. Kanako YOSHIMINE 吉嶺 加奈子
Affiliation所属 : Graduate School Of Integrated Sciences For Global Society, Kyushu University 九州大学地球社会統合科学府博士後期課程 (Fukuoka, JAPAN)
EmailEメール :
Handout資料 :
Slidesスライド :
Commentsコメント :
Added by入力ユーザ :
Date added入力日付 : Tuesday, 24 October 2017, 2:16 PM
Date modified更新日付 : Monday, 25 December 2017, 12:05 AM
Message from the
Vetting Committee
試査委員会からの
メッセージ
:
Peer review査読 :
Submission status処理状況 :
Schedule numberスケジュール番号 : 315-P
Schedule day開催予定日 : Feb 22nd (Thu)
Schedule time開催予定時刻 : 09:30 - 10:10
Schedule duration開催予定時間 : 40 mins
Schedule room name開催予定室名 : Room 1304 (40 seats)
Schedule room seats開催予定室名の坐整数 :
Schedule audience聴講予定者 :