Submit a Proposal for a Presentation

Note: The role you are currently using is a different role from your usual role. The messages below are those that would appear if you were actually logged in as a user with that role. The messages are displayed for testing purposes, even though they may not strictly be relevant to your actual login status.

In order to add, edit or delete a presentation proposal for this conference, you need to log in to this website and enrol in this Moodle course.

If you have a username but are not enrolled in this Moodle course, please click here to enrol and then revisit this page to continue the proposal submission process.

To add a presentation proposal, please click the "Add entry" link below, and fill out the form on the next page.

To edit a presentation proposal, please click the "View single" link below, and then click the edit icon on the next page.

To delete a presentation proposal, please click the "View single" link below, and then click the delete icon on the next page.

ID : 1514
Original submission元の投稿 :
Title題名 : 看護学科初年次教育におけるMoodleの活用
Type種類 : Presentation (20 mins)
Category部類 : Individual presentation
Language言語 : Japanese
Abstract要約 :

大学看護学科1年次のクリティカルシンキング講義の中で、多様な視点で物事を検討する力の養成を目指してMoodleを活用している。クイズ機能と課題機能を利用し,グループワークを活性化させ,当該科目への関心を高め,事後学習の提出率向上を図った。本学のICT環境は,学生に同一仕様のノートPCが入学時に貸与されており,全ての教室で無線LANが利用可能である。この環境を活用して,講義中にクイズを出し,結果をプロジェクタに表示し,結果を共有した。また,50文字から100文字程度の文章を作成し,Moodleの課題から提出し,提出内容をプロジェクタに表示し,内容を共有した。これらを活用して,学生同士でコメントの交換,グループワークを行った。この結果、授業中のクイズや課題提出を実施した授業回の事後課題提出率は,平均86.7%であり,9課題中6課題の提出率は100%であった。一方,実施しなかった授業回の平均提出率は80.1%であった。最終課題の提出率は,96.5%であった。これらの提出率の推移から授業中のクイズや課題提出を実施した場合は,実施しない場合に比べて6ポイント提出率が向上したことが分かった。次年度は,事後学習の提出率に加えて,学生の満足度や知識確認テストの結果との関連も分析する予定である。また,Moodleの操作方法を習得する時間を充分に確保することも課題となる。

Keywordsキーワード : クイズ,課題の共有
Topicsトピック : Moodle in traditional educational settings
Presentation times発表時間 :
Main presenter筆頭発表者 : Toshitake KOMAZAKI 駒崎 俊剛
Affiliation所属 : Tokyo Healthcare University 東京医療保健大学 (Tokyo, Japan)
EmailEメール :
Handout資料 :
Slidesスライド :
Commentsコメント :
Added by入力ユーザ :
Date added入力日付 : Sunday, 29 October 2017, 6:44 AM
Date modified更新日付 : Wednesday, 6 December 2017, 12:15 PM
Message from the
Vetting Committee
試査委員会からの
メッセージ
:
Peer review査読 :
Submission status処理状況 :
Schedule numberスケジュール番号 : 210-P
Schedule day開催予定日 : Feb 22nd (Thu)
Schedule time開催予定時刻 : 10:20 - 10:40
Schedule duration開催予定時間 : 20 mins
Schedule room name開催予定室名 : Room 1406 (40 seats)
Schedule room seats開催予定室名の坐整数 :
Schedule audience聴講予定者 :