Submit a Proposal for a Presentation

Note: The role you are currently using is a different role from your usual role. The messages below are those that would appear if you were actually logged in as a user with that role. The messages are displayed for testing purposes, even though they may not strictly be relevant to your actual login status.

In order to add, edit or delete a presentation proposal for this conference, you need to log in to this website and enrol in this Moodle course.

If you have a username but are not enrolled in this Moodle course, please click here to enrol and then revisit this page to continue the proposal submission process.

To add a presentation proposal, please click the "Add entry" link below, and fill out the form on the next page.

To edit a presentation proposal, please click the "View single" link below, and then click the edit icon on the next page.

To delete a presentation proposal, please click the "View single" link below, and then click the delete icon on the next page.

ID : 1521
Original submission元の投稿 :
Title題名 : VUIの音声コマンドを用いたMoodle小テスト受験
Type種類 : Presentation (20 mins)
Category部類 : Individual presentation
Language言語 : Japanese
Abstract要約 :

VUI(Voice User Interface)は、多くの人にとって非常に効果的で直感的なユーザーインターフェイスです。近年の機械学習手法による音声認識と音声合成の精度の向上により、VUIは、スマートフォンを音声で操作するときや、Amazon Echo、Google Homeなどのスマートスピーカーを使用するときに経験するように、様々な目的について、現実的に利用可能になりつつあります。 認知負荷が少ないVUIがMoodleのようなLMSで利用可能であり、うまく設計されたコースで効果的に使用されている場合、学習の初期段階で、学習者をコースにうまく導入する手段となりえます。モチベーションの低い学習者にとっては、彼らのモチベーションを取り戻すきっかけになるかもしれません。もちろん、VUIは、盲目の学習者にとって非常に便利です。 このプレゼンテーションでは、VUIをMoodleに導入する簡単な例として、いくつかの多肢選択肢問題を含むMoodleの小テストを対象として、VUIで受験できるインターフェイスのプロトタイプ実装を紹介します。 これは、Dialogflow(以前はAPI.AIと呼ばれていました)という開発プラットフォームのエージェントが持つWebhook機能を使用して実現したもので、この開発プラットフォームを用いることで、GUIでのチャットボットスタイルのインターフェイスも利用可能になります。

Keywordsキーワード : Natural Language Understanding, Chatbot, Artificial Intelligence
Topicsトピック : Integrating Moodle
Presentation times発表時間 :
Main presenter筆頭発表者 : Dr. Toshihiro KITA 喜多 敏博
Affiliation所属 : Kumamoto University 熊本大学 (熊本, Japan)
EmailEメール :
Co-presenter (2)共同研究者(2) : Ms. Chikako NAGAOKA (Kumamoto University)
Co-presenter (3)共同研究者(3) : Dr. Naoshi HIRAOKA (Kumamoto University)
Handout資料 :
Slidesスライド :
Commentsコメント :
Added by入力ユーザ :
Date added入力日付 : Monday, 30 October 2017, 3:25 PM
Date modified更新日付 : Tuesday, 5 December 2017, 4:39 PM
Message from the
Vetting Committee
試査委員会からの
メッセージ
:
Peer review査読 :
Submission status処理状況 :
Schedule numberスケジュール番号 : 236-P
Schedule day開催予定日 : Feb 22nd (Thu)
Schedule time開催予定時刻 : 16:00 - 16:10
Schedule duration開催予定時間 : 10 mins
Schedule room name開催予定室名 : Room 1406 (40 seats)
Schedule room seats開催予定室名の坐整数 :
Schedule audience聴講予定者 :