Submit a Proposal for a Presentation

Note: The role you are currently using is a different role from your usual role. The messages below are those that would appear if you were actually logged in as a user with that role. The messages are displayed for testing purposes, even though they may not strictly be relevant to your actual login status.

In order to add, edit or delete a presentation proposal for this conference, you need to log in to this website and enrol in this Moodle course.

If you have a username but are not enrolled in this Moodle course, please click here to enrol and then revisit this page to continue the proposal submission process.

To add a presentation proposal, please click the "Add entry" link below, and fill out the form on the next page.

To edit a presentation proposal, please click the "View single" link below, and then click the edit icon on the next page.

To delete a presentation proposal, please click the "View single" link below, and then click the delete icon on the next page.

ID : 1524
Original submission元の投稿 :
Title題名 : Moodle の大規模運用におけるデフォルト設定の検討
Type種類 : Presentation (40 mins)
Category部類 : Individual presentation
Language言語 : Japanese
Abstract要約 :

1,000人を越える教員および10,000人を越える学生に対して Moodle の運用を行う場合,利用者のスキルの幅が非常に大きい.このため,コース設定やロールに与える権限の初期値の設定により,利用者が意図しなかった動作をすることがある.信州大学では,このような Moodle の大規模運用において,ユーザの利便性と安定した動作のトレードオフについて検討を重ね,デフォルト値の設定の見直しを行ってきた.デフォルト値設定のため
  ・現在の運用方法でデフォルトとして期待するであろう動作を選定
  ・誤操作により致命的な結果になるような操作の禁止
を基本方針とした.このうち,期待される動作については,運用側の想定による選定ではなく,利用者である教員からの,意図しなかった動作に関する問い合わせ・相談等をもとに,動作の選定を継続的に行ってきた.また,致命的な結果となる誤操作についても,運用に際して発生したトラブルをもとに,そのような事態を未然に防ぐような設定を追加してきた.このように,信州大学の Moodle におけるデフォルト値設定は,論理的に導いたものではなく,実際に運用から得られた知見に基づくものである.本発表は,デフォルト値の設定と,その値を選定するに至った経緯について説明する.

Keywordsキーワード : コース設定, ロール設定
Topicsトピック : Using Moodle
Presentation times発表時間 :
Main presenter筆頭発表者 : Dr. Masaaki NIIMURA 新村 正明
Affiliation所属 : Shinshu University 信州大学 (長野県, Japan)
EmailEメール :
Co-presenter (2)共同研究者(2) : Ms. Akiko NAGAOKA (信州大学長岡曉子)
Co-presenter (3)共同研究者(3) : Ms. Miyoko ISHIDA (信州大学)
Co-presenter (4)共同研究者(4) : Dr. Osamu HASEGAWA (信州大学理)
Handout資料 :
Slidesスライド :
Commentsコメント :
Added by入力ユーザ :
Date added入力日付 : Tuesday, 31 October 2017, 9:39 AM
Date modified更新日付 : Monday, 25 December 2017, 12:13 AM
Message from the
Vetting Committee
試査委員会からの
メッセージ
:
Peer review査読 :
Submission status処理状況 :
Schedule numberスケジュール番号 : 312-P
Schedule day開催予定日 : Feb 23rd (Fri)
Schedule time開催予定時刻 : 13:00 - 13:40
Schedule duration開催予定時間 : 40 mins
Schedule room name開催予定室名 : Room 1304 (40 seats)
Schedule room seats開催予定室名の坐整数 :
Schedule audience聴講予定者 :