Submit a Proposal for a Presentation

Note: The role you are currently using is a different role from your usual role. The messages below are those that would appear if you were actually logged in as a user with that role. The messages are displayed for testing purposes, even though they may not strictly be relevant to your actual login status.

In order to add, edit or delete a presentation proposal for this conference, you need to log in to this website and enrol in this Moodle course.

If you have a username but are not enrolled in this Moodle course, please click here to enrol and then revisit this page to continue the proposal submission process.

To add a presentation proposal, please click the "Add entry" link below, and fill out the form on the next page.

To edit a presentation proposal, please click the "View single" link below, and then click the edit icon on the next page.

To delete a presentation proposal, please click the "View single" link below, and then click the delete icon on the next page.

ID : 1529
Original submission元の投稿 :
Title題名 : インタラクティブコンテンツH5Pの利用と課題について
Type種類 : Lightning talk (10 mins)
Category部類 : Individual presentation
Language言語 : Japanese
Abstract要約 :

Moodleでは様々なファイルをリソースとして提示可能となっているが、Web上でインタラクティブなコンテンツを提供しようと考えると、かつてはFlashコンテンツを用いることが一般的であった。しかしモバイル端末での利用が難しく、また動画に対するインタラクティブな機能の追加も容易ではない。これらの点を補え、また他のアプリケーションを用いずWeb上で活動モジュールとしてインタラクティブコンテンツを作成し利用可能なH5P(https://h5p.org)は、Moodleユーザにとっても有益なツールといえる。さらにコンテンツは、他のCMSで作成しファイルとしてアップロードすることも可能で、再利用性も高いといえる。一方課題点として、特に、リソースとしてではなく活動モジュールとして扱われる点がある。H5Pのクイズ機能をMoodleの小テストなどと近い形で扱える点は良いが、コンテンツをページやラベル内に埋め込めない。また、日本国内での利用がまだ少なく利用事例や関連する情報リソースが少ない点も課題点として挙げられる。その解決に向けて、日本語化や日本独自でのコミュニティの形成などを検討したい。(https://h5p.jp

Keywordsキーワード : H5P, インタラクティブコンテンツ
Topicsトピック : Using Moodle
Presentation times発表時間 :
Main presenter筆頭発表者 : Takahiro KAGOYA 篭谷 隆弘
Affiliation所属 : Jin-Ai University 仁愛大学 (福井県, Japan)
EmailEメール :
Handout資料 :
Slidesスライド :
Commentsコメント :
Added by入力ユーザ :
Date added入力日付 : Tuesday, 31 October 2017, 7:30 PM
Date modified更新日付 : Tuesday, 5 December 2017, 1:40 AM
Message from the
Vetting Committee
試査委員会からの
メッセージ
:
Peer review査読 :
Submission status処理状況 :
Schedule numberスケジュール番号 : 226-L
Schedule day開催予定日 : Feb 22nd (Thu)
Schedule time開催予定時刻 : 15:30 - 15:40
Schedule duration開催予定時間 : 10 mins
Schedule room name開催予定室名 : Room 1404 (40 seats)
Schedule room seats開催予定室名の坐整数 :
Schedule audience聴講予定者 :