Submit a Proposal for a Presentation

Note: The role you are currently using is a different role from your usual role. The messages below are those that would appear if you were actually logged in as a user with that role. The messages are displayed for testing purposes, even though they may not strictly be relevant to your actual login status.

In order to add, edit or delete a presentation proposal for this conference, you need to log in to this website and enrol in this Moodle course.

If you have a username but are not enrolled in this Moodle course, please click here to enrol and then revisit this page to continue the proposal submission process.

To add a presentation proposal, please click the "Add entry" link below, and fill out the form on the next page.

To edit a presentation proposal, please click the "View single" link below, and then click the edit icon on the next page.

To delete a presentation proposal, please click the "View single" link below, and then click the delete icon on the next page.

ID : 1840
Original submission元の投稿 :
Title題名 : 小テストとビデオ配信機能を活用した反転授業形式での電気系電磁気学講義
Type種類 : Presentation (20 mins)
Category部類 : Individual presentation
Language言語 : Japanese
Abstract要約 :

電気系では記号や文字の書式がJIS規格などで厳密に規定されており,また産業界もそれを受け入れ運用されている。演者は高校レベルの微積分やベクトルに強い苦手意識を持つ学生たち相手に,電気事業法の規定に基づく電気主任技術者認定校における指定科目の電磁気学を担当している。大学教養レベルの電磁気学は複雑な記号・書式が混在した数式を頻繁に取り扱う必要がある。小テスト問題での反復学習を授業外で行わせるべく,1年間を通じてMoodle+MathJaxの小テストを,極力規定の書式となるように配慮しながらGift形式のベタテキストで作成し,運用した。受験回数を無制限として満点通過を単位取得の必須要件とした。MathJaxの高い表現力により最終的には1点を除き所望の数式を記述できた。学生からの評価は高く、〆切対応8割、最終対応100%で、定期試験内では小テスト問題について正答率9割であった。さらに予習ビデオとして、PowerPoint形式の講義スライドをスクリーンキャプチャ動画+生音声解説として15分程度のmp4動画を作成して、Moodleのファイル配布機能で配布し、毎回視聴を義務づけた。概ね好意的に受け入れられている。これにより反転授業と組み合わせた事例と問題について作問者目線で報告する。

Keywordsキーワード : MathJax Gift
Topicsトピック :
Presentation times発表時間 :
Main presenter筆頭発表者 : Prof. Yuji MURAKAMI 村上 裕二
Affiliation所属 : Shizuoka Institute Of Science And Technology 静岡理工科大学 (静岡, Japan)
EmailEメール :
Handout資料 :
Slidesスライド :
Commentsコメント :
Added by入力ユーザ :
Date added入力日付 : Thursday, 15 November 2018, 9:41 AM
Date modified更新日付 : Sunday, 23 December 2018, 12:14 AM
Message from the
Vetting Committee
試査委員会からの
メッセージ
:
Peer review査読 :
Submission status処理状況 :
Schedule numberスケジュール番号 : 309-P
Schedule day開催予定日 : Mar 1st (Fri)
Schedule time開催予定時刻 : 10: 10 - 10: 20
Schedule duration開催予定時間 : 10 mins
Schedule room name開催予定室名 : Room 204 (80 seats)
Schedule room seats開催予定室名の坐整数 : 80 seats
Schedule audience聴講予定者 :