Submit a Proposal for a Presentation

Note: The role you are currently using is a different role from your usual role. The messages below are those that would appear if you were actually logged in as a user with that role. The messages are displayed for testing purposes, even though they may not strictly be relevant to your actual login status.

In order to add, edit or delete a presentation proposal for this conference, you need to log in to this website and enrol in this Moodle course.

If you have a username but are not enrolled in this Moodle course, please click here to enrol and then revisit this page to continue the proposal submission process.

To add a presentation proposal, please click the "Add entry" link below, and fill out the form on the next page.

To edit a presentation proposal, please click the "View single" link below, and then click the edit icon on the next page.

To delete a presentation proposal, please click the "View single" link below, and then click the delete icon on the next page.

ID : 1845
Original submission元の投稿 :
Title題名 : STEM共通教育におけるMoodleの利用とその評価―講義/実験/演習科目における試み
Type種類 : Presentation (40 mins)
Category部類 : Individual presentation
Language言語 : Japanese
Abstract要約 :

大学STEM教育におけるMoodle利用の例として,発表者が担当する物理学の講義科目,実験科目,および統計プログラミングの演習科目に関する実践内容と,その評価の試みについて報告する。

STEM分野の学習内容は,数式や数値計算,グラフやダイアグラムの多用など特有の技術的な理由により,直ちに他分野と同様の仕方でLMSが活用されることは期待できない。しかし近年,数式や化学式表示のためのフィルタ,数式・グラフ評価のための小テストプラグイン,手書き入力エディタや外部プログラミング言語の埋め込みなど,さまざまな先進的開発の取り組みが本Moot等でも報告されており,それらの教育実践における評価についての研究が待たれる。

具体的な実践内容として,反転授業,ワークショップ・モジュールによる相互評価,レッスン・モジュールによる演習,課題モジュールによる試験答案返却および実験レポートのルーブリック評価などについて,従来のSTEM分野における典型的な課題と対比しながら紹介する。また,これらの取り組みについて,成績やアンケート結果,Moodle上のログデータなどを用いて総合的に評価した結果についても紹介し,STEM教育におけるMoodle利用の課題や可能性について検討したい。

Keywordsキーワード : STEM教育,物理教育,統計教育,プログラミング教育,反転授業,ルーブリック評価,ワークショップ,レッスン
Topicsトピック : Moodle Pedagogy
Presentation times発表時間 :
Main presenter筆頭発表者 : Dr. Jun SAITO 斉藤 準
Affiliation所属 : Obihiro University Of Agriculture And Veterinary Medicine 帯広畜産大学 (Hokkaido, Japan)
EmailEメール :
Handout資料 :
Slidesスライド :
Commentsコメント :
Added by入力ユーザ :
Date added入力日付 : Thursday, 15 November 2018, 11:53 PM
Date modified更新日付 : Monday, 21 January 2019, 12:11 PM
Message from the
Vetting Committee
試査委員会からの
メッセージ
:
Peer review査読 :
Submission status処理状況 :
Schedule numberスケジュール番号 : 330-P
Schedule day開催予定日 : Mar 1st (Fri)
Schedule time開催予定時刻 : 13:50 - 14:30
Schedule duration開催予定時間 : 40 mins
Schedule room name開催予定室名 : Room 305 (30 seats)
Schedule room seats開催予定室名の坐整数 : 30 seats
Schedule audience聴講予定者 :