Submit a Proposal for a Presentation

Opened: Tuesday, 24 July 2018, 12:00 AM
Presenters発表者
Main presenter筆頭発表者
Mr. Tomoya SAITO 齊藤 智也
Affiliation所属機関
Yamaguchi University 山口大学 山口県 Japan
Presenter [2]発表者[2]
Prof. Yue WANG Prof. 王 躍 Yamaguchi University山口大学
Presenter [3]発表者[3]
Prof. Yutaka HISANAGA Prof. 久長 穣 Yamaguchi University山口大学
Presenter [4]発表者[4]
Prof. Katsumi TADAMURA Prof. 多田村 克己 Yamaguchi University山口大学
Presenter [5]発表者[5]
Presentation details 発表詳細
Presentation title発表の題名
遠隔授業の増加に伴うMoodleシステムの性能強化ならびに利用状況の変化
Presentation abstract発表の要約

山口大学ではプライベート・クラウド上にMoodleを構築し,全学向けの授業支援システムとして運用している。新型コロナウイルス感染症拡大の影響により,Moodleの利用科目数及び同時利用者数は著しく増加した。これに伴い,4月下旬には4台のWebサーバのうち2台が過負荷で停止する等,システムの性能不足が顕著となった。そこで我々は,Webサーバ及び共有ディスクの増強等,システムの性能改善に取り組んだ。発表の前半では,性能改善の状況及びサーバの負荷状況について報告する。前年度との比較では,利用コース数は400未満から1500以上に,最大同時利用者数は200名程度から1000名以上に増加した。発表の後半では,授業で活用されるコンテンツや小テストの問題の変化を含め, Moodleの利用状況の変化について報告する。また,受講生がMicrosoft WordからMoodleのテキストエディタに文章を貼り付けるために,評定画面では文章の一部が表示されない不具合や,教師が極めてデータ量の多い問題を作成するために,受講生のPCでは小テストの問題が正常に表示されない不具合が生じている。このような,利用科目数の増加及びコンテンツの拡充によって新たに生じた課題についても報告する。

Original submission元の原稿
Keywordsキーワード
遠隔授業,性能改善,利用統計
Topicトピック
Using Moodle
Possible presentation times可能な発表時間
Handout file資料のファイル
Presentation slides fileスライドのファイル
Presentation URL発表のURL
Presentation video発表のビデオ
https://moodlejapan.org/mod/bigbluebuttonbn/view.php?id=2148
Comments or questionsコメント・質問
Submitted by提出ユーザ
Tomoya SAITO
Submitted: 提出: Monday, 14 December 2020, 5:03 PM
Modified: 更新: Tuesday, 26 January 2021, 2:27 AM
Peer review査読
Peer review score査読評価
Peer review details査読詳細
Peer review notes査読メモ
Scheduleスケジュール
Schedule numberスケジュール番号
209-P