Submit a Proposal for a Presentation

Opened: Tuesday, 24 July 2018, 12:00 AM
Presenters発表者
Main presenter筆頭発表者
Kaho HAYAKAWA 早川 佳穂
Affiliation所属機関
MEDC Gifu University School of Medicine 岐阜大学医学教育開発研究センター Gifu Japan
Presenter [2]発表者[2]
Yoshikazu ASADA 淺田 義和 Jichi Medical University自治医科大学
Presenter [3]発表者[3]
Koji TSUNEKAWA 恒川 幸司 MEDC Gifu University School of Medicine岐阜大学医学教育開発研究センター
Presenter [4]発表者[4]
Takuya SAIKI 西城 卓也 MEDC Gifu University School of Medicine岐阜大学医学教育開発研究センター
Presenter [5]発表者[5]
Presentation details 発表詳細
Presentation title発表の題名
医療者教育学を学ぶ社会人大学院生によるMoodle上での協働学習の促進を目指して
Presentation abstract発表の要約

岐阜大学大学院医学系研究科において、我が国で初めて、医療者を対象とした医療者教育学専攻修士課程が20204月開講した。初年度は6名の全国の医療者教育者(社会人大学院生)が入学し、Moodleを利用したオンライン学習と岐阜大学でのスクーリングをブレンドしたカリキュラムで履修した。Moodle上で学生は、事前学習や動画講義視聴・フォーラムを利用したシナリオベースのディスカッション・データベースを使った用語の学習・課題/フォーラムを利用したレポート提出・アンケートを使った学習の振り返り、等に取り組んだ。さらに今年度はCOVID-19の影響で、対面スクーリングに多くの時間をかけることが難しく、年5回のうち3回は完全オンライン開催として、MoodleZoomを補完的に利用したため、Moodleの役割がなお重要であった。限られた社会人学生の学習時間で最大限の学習効果をもたらすため、科目ごとに少しずつリフォームを続けた。また学習への動機付けを促すために、科目の課題にもアレンジを加えたが、うまく継続使用されなかったシステムもあった。協働学習理論の視点から、この設立初年度に工夫した点と改善点の結果を呈示しつつ、今後のシステム改善の方向性について議論したい。

Original submission元の原稿
Keywordsキーワード
医療者教育学 社会人大学院 協働学習
Topicトピック
Moodle in traditional educational settings
Possible presentation times可能な発表時間
Handout file資料のファイル
Presentation slides fileスライドのファイル
Presentation URL発表のURL
Presentation video発表のビデオ
https://moodlejapan.org/mod/bigbluebuttonbn/view.php?id=2161
Comments or questionsコメント・質問
Submitted by提出ユーザ
Kaho HAYAKAWA
Submitted: 提出: Friday, 25 December 2020, 3:55 PM
Modified: 更新: Monday, 1 February 2021, 4:54 PM
Peer review査読
Peer review score査読評価
Peer review details査読詳細
Peer review notes査読メモ
Scheduleスケジュール
Schedule numberスケジュール番号
222-L