発表形式と概要について

セッションの形式と長さ
所要時間
説明
概要の長さ
主要テーマ
プレゼンテーション
20分・40分・90分
一般的な発表形式です. 標準は40分のプレゼンテーション(お話し30分、質疑応答10分)となります. 研究論文(Paper)または, 進行中ないし完了したプロジェクトの実践報告(Show & Tell)をご応募いただけます. プレゼンテーションの一部あるいは全体のディスカッションへの聴衆参加を計画されている場合は、90分のプレゼンテーションを選んでください。
英語150-200語または日本語375-500字以内
  • インストールと管理運営
  • Moodleの統合
  • Moodleの開発
  • 従来とは異なる環境でのMoodle活用
  • 教育環境でのMoodle
  • 教授法とMoodle
  • 学習者の観点
  • Publicity for a Showcase Showcaseの宣伝
  • 学内/組織内へのMoodle導入の障害(物理的人的)と対策事例

備考

  1. すべての申込は指定された文字数制限があります.制限文字数よりも少ないものや,多すぎる内容は自動的に却下されますのでご注意下さい。
  2. 共著者も協会ウェブサイトに登録し,かつ投稿者とともにMootに参加するよう最大限の努力をお願いいたします。Moot への参加登録をしていない著者は発表プログラムの中で「共著者」として掲載されない場合があります。
  3. 投稿は英語でも日本語でも結構です。アブストラクトもどちらの言語を選んでいただいても結構です。
  4. 商用発表(プレゼンテーション,ライトニングトーク,ワークショップなど全ての形式を含む)は日本ムードル協会の現スポンサーの方,または大会時にスポンサーになる手続きを進められている方のみに発表資格を限らせていただきます。

より詳しくはこちらの「発表についての方針」をご覧下さい

Click here to submit a proposal 提案の提出するためにここにクリックして下さい