本Moodle Japanウェブサイトに登録された方は,Moodle関連の発表にご応募いただけます.セッションには以下の形式があります.

セッションの形式と長さ
セッション時間には質問時間が含まれます
説明 概要の長さ 主要テーマ
学術研究発表系(ConfToolによるピアレビュー有り)
プレゼンテーション 40分
「標準的」なプレゼンテーションです.
研究論文(Paper)または, 進行中ないし完了したプロジェクトの実践報告(Show & Tell)をご応募いただけます. 英語150-200語または日本語375-500字以内
  • インストールと管理運営
  • Moodleの統合
  • Moodleの開発
  • 従来とは異なる環境でのMoodle活用
  • 教育環境でのMoodle
  • 教授法とMoodle
  • 学習者の観点
サブ・テーマについては「発表募集」をご覧ください
プレゼンテーション 90分
プレゼンテーションの一部あるいは全体のディスカッションへの聴衆参加を計画されている場合は、こちらの長めのプレゼンテーションを選んでください。
ショーケース 最大90分 ショーケースは電子ポスター発表です.この機会を利用して, ご自分のMoodleコースあるいは所属機関のMoodleサイトをMoodleMoot参加者にご紹介ください. 参加者が気軽に質問できる形式です.
ライトニング・トーク 5〜10分
(話者交代時間を含む)
Moodleについてのアイディアや考え方,方法,意見などを1つだけ発表する場合に, このタイプを選んでください.40分の時間枠に3〜4件, 90分の時間枠に8〜9件のLTが割り振られます. 英語75-100語または日本語180-250字以内 上記のものと
  • Showcaseの宣伝
  • 成功事例,失敗事例,特異な事例
  • MoodleとMaharaの改造
  • 海外等の視察報告
  • 特殊なICT機器やWeb等サービスの紹介
  • Moodleの嫌いなところ(要改善事項)
  • プロジェクト参画への誘い
  • 勉強会,イベントの紹介/宣伝
  • 学内/組織内へのMoodle導入の障害(物理的人的)と対策事例
非学術・非商業系(ConfToolによるピアレビュー有り)

ケース・スタディー 20分

これは,教育界以外の分野の方が従業員訓練,サービス向上,仲間同士のコミュニケーション等の面においてムードルが役に立ったという実際的なメリットをご報 告頂く為のカテゴリーです.商業的・宣伝的要素は一切排除して下さい.タイトルや概要の中で会社名や商品名を入れることは避けて頂きます.

英語75-100語または日本語180-250字以内

details to follow
ワークショップと達人コーナー系:ワークショップコーディネーターに直接お申し込み下さい
ワークショップ 90分 ムードルのインストールやモジュールの使い方などを参加者に実際に操作してもらう形で指導できる方はこの形式を選んで下さい. 英語150-200語または日本語375-500字以内
  • ムードルの利用方法
達人コーナー
時間は後日決定します
Moodleについて参加者からの技術的な質問に答えられると思われる方は,ぜひMoodleの達人として申し出てください. Moodleの得意分野をご指定いただけます. 分野の例
  • 全ての,または特定のリソールや活動モジュール
  • その他の機能や特徴(例:成績評価, 役割と許可など)
  • Moodle 2
  • インストール
  • 管理・運営
  • 他のシステム (例: Mahara)との統合
  • Moodleのセキュリティ
  • など
賛助会員およびムートスポンサー系:賛助会員・スポンサーコーディネータに直接お申し込み下さい
商用プレゼンテーション 40分

営利団体または個人で,Moodleと関連した自社製品,自作コンテンツを紹介したい場合.

英語175-200語または日本語375-500字以内 Moodleと関連して自社製品,自作コンテンツの宣伝
商用プレゼンテーション 90分
商用ライトニング・トーク 5〜10分
(話者交代時間を含む)
営利団体または個人で,Moodleと関連した自社製品,自作コンテンツを1件のみ紹介したい場合. 英語75-100語または日本語180-250字以内
備考

1. すべての申込は指定された文字数制限があります.制限文字数よりも少ないものや,多すぎる内容は自動的に却下されますのでご注意下さい。

2. 共著者も協会ウェブサイトに登録し,かつ投稿者とともにMootに参加するよう最大限の努力をお願いいたします。Moot への参加登録をしていない著者は発表プログラムの中で「不参加共著者」として掲載されます。

3. 投稿は英語でも日本語でも結構です。アブストラクトやもどちらの言語を選んでいただいても結構です。

4. ワークショップと達人バー以外の発表は原則一人一件に限らせていただきます.ご了承下さい。

5. 商用発表(プレゼンテーション,ライトニングトーク,ワークショップなど全ての形式を含む)は日本ムードル協会の現賛助会員の方とMoot 2015スポンサー,または大会時に賛助会員になる手続きをされる方のみに発表資格を限らせていただきます。

より詳しくはこちらの「発表についての方針」をご覧下さい

発表を申請するためにここにクリックして下さい
最終更新日時: 2014年 12月 1日(Monday) 11:25