EEHJ (Empowering Educators in Hokkaido and Elsewhere in Japan)に応募する前にお読みください

ETH2020

Empowering Educators in Hokkaido (略称:EEH)に関する疑問にお答えします.

 まず一番に大切なこと.いま皆さんがアクセスしているこのWebサービスが,Moodle(ムードル)です.ここで提供しているサービスと同等のもの(Moodle Workplace内のテナント)を2020年7月31日まで無償でお使いいただけるように提供するのがEmpowering Educators in Hokkaidoです(協力体制).

 学校教育環境に,なぜeラーニングシステムが必要なのか?については”eラーニングシステムの必要性"をお読みください.

 この突然の世界規模の危機に際して,社会はインターネットを利用した企業におけるテレワークと共に,生徒や学生の自宅学習環境の重要性に着目しています.本プロジェクトは,この時期を逃さずに勤務校においてe-Learningプラットフォーム,特にMoodleを試して見ようと考えた(あるいは以前から興味を持っていた)教師の皆さんを後押しします.さまざまなe-Learningプラットフォームが,Moodle以外にも世の中には存在します.期間限定で無償公開された沢山の教育用動画や計算ドリルなどのコンテンツを備えた便利そうな教育サービスもとても魅力的でしょう.ただ長期にわたって今後使い続けることを考えた時に,ベストな選択か,よくお考えください.Moodleは非常に多機能なe-Learningシステムです.「あれがしたい,これがしたい」といった現場のニーズに柔軟に対応できるのは,オープンソースの最大のメリットです.オープンイノベーションであるMoodleはきっと皆様のお役に立ちます.

 以下の応募の条件にも記述しましたが,本プロジェクトは”北海道内の大学および高校”を最優先します.しかし新型コロナウィルス蔓延予防の登校自粛要請の対象ははいま全国に広がりました.応募が多数に及んだ場合は北海道内の大学および高校を優先的に採択しますが,それ以外の地域の教育機関からのお問い合わせにも応じますので,まずはフォーラムに投稿するなどしてご連絡ください.

 応募はMAJサイトのアカウント作成後にこちらの応募フォームからお願いします.応募いただいた内容はMAJが適切に管理し,本プロジェクトの運用に関する目的にのみ使用します.応募から数日で採否のご連絡をいたします.

 応募前に,あなたの勤務する学校名やあなたの個人名などを公にせずに内々で相談したい方は,以下のメールアカウントへご連絡下さい.MAJ理事が電子メールにて回答いたします.
〇電子メールアドレス:eeh@moodlejapan.org