日本ムードル協会告知板

申し込み・登録の締め切りabstract submission / registration dates 北海道ムードルサマーワークショップ開催The Hokkaido Moodle Summer workshop

 
画像 HAGLEY Eric
申し込み・登録の締め切りabstract submission / registration dates 北海道ムードルサマーワークショップ開催The Hokkaido Moodle Summer workshop
2015年 05月 25日(月曜日) 11:42 - HAGLEY Eric の投稿
 

English below

e-learningやムードルに関心があるの皆様、お世話になっております。

今年のムードルサマーワークショップは北海道の室蘭工業大学で7月18、19日に開催致します。

そこで様々なムードル関連発表、ワークショップ、情報交換等もできます。

発表したい方も一般登録したい方も6月7日の夜9時までに、下記のリンクを通して、是非申し込んでください。

http://bgettings.com/moodle26/course/view.php?id=4

 

本年度、特別なワークショップも用意しております。山口東京理科大学の亀田 真澄先生は「Moodle で数学 e-Learning を体験してみよう」とのワークショップを実施する予定しています。その内容は:

Moodle を日々利用している教職員の方々への『Moodle による数学 e-Learning』のワークショップです。

例えば Moodle で配信するサービスにおいて「数式を利用したい」「数学関数グラフを描画したい」「数式処理を利用したい」そして「数式を含む小テストを配信したい」等のニーズに合わせて、次のステップに従って、システム構築方法および教育実践例を紹介しながら、最新の Moodle Ver.2.8 の実機環境を操作しながら行うハンズオン(Hands-on)形式のワークショップです。

1. 配信するWeb ページにおける数式の活用について

 ・TeX フィルタ、MathJax フィルタの違い

 ・AMS-LaTeX タグによる数式を含むコンテンツの作成

2. Moodle に適した数式処理システム Maxima について

 ・Maxima コマンドによる数式処理(四則演算、関数処理など)の実行

3. Moodle に適した数学グラフ生成ソフトウェア gnuplot について

 ・gnuplot コマンドによる数学グラフ(2次関数、三角関数など)の描画

4. 数学オンラインテスト評価システム STACK を利用した小テストについて

 ・STACK (含 Maxima)のインストールにおける注意点

 ・STACK を用いた問題(バンク)の作成

5. gnuplot を利用した数学グラフを含む小テストについて

 ・gnuplot コマンドによる数学グラフを含む小テストの作成

6. その他

 ・参加者の方々からのご意見・ご要望に応じて回答・助言いたします。

 

亀田先生のプロフィール:

・職歴・研究歴

 S.62 東京理科大学大学院理学研究科数学専攻博士課程単位取得満期退学

 S.62 東京理科大学山口短期大学講師

 H.18 山口東京理科大学(基礎)工学部一般・基礎准教授(現在に至る。)

・学会活動

 日本数学会、アメリカ数学会、日本ムードル協会、教育システム情報学会、日本教育工学会、日本数式処理学会、情報処理学会

・教育活動

 H26 京都大学高等教育研究開発センター第3MOST フェロー活動(スナップショット)

 https://most-keep.jp/keep25/toolkit/html/snapshot.php?id=277633924295785

 

もちろん、いつもと同じく、ムードルの入門ワークショップをはじめ、小テスト、フォーラム、ページの管理、評価などより詳しい機能別のデモンストレーションも行います。是非参加してください。

 

A very good afternoon to you all.

This is to remind you that the Moodle Summer Workshop at Muroran Institute of Technology will be on July 18 and 19, 2015. You will have to register for this event and you can do so by clicking the link below. If you are wanting to present or help out by doing a workshop, could you also please submit your proposals via the link below. There you'll find a lot of information about the event and where you can actually submit / register.

*** The deadline for this is June 7, so please do so by 9pm on the 7th of June ***

http://bgettings.com/moodle26/course/view.php?id=4

As always, there will be a variety of workshops and presentations on Moodle related topics. This year we will also have a special workshop on how to use Moodle in the math classroom. Prof. Kameda will do this workshop in Japanese so if you have any colleagues who are interested in using e-learning tools in their math classes, please pass this information on to them also.

Looking forward to seeing you all again soon.

 

On behalf of the organizing committee,

 

Eric Hagley,
College of Liberal Arts
Linguistic Science and International Relations Research Unit
Muroran Institute of Technology
27-1, Mizumoto Cho, Muroran
Hokkaido, 050-8585, Japan

ハグリー エリック
050-8585
北海道室蘭市水元町27−1
室蘭工業大学
ひと文化系領域
言語科学・国際交流ユニット