日本ムードル協会告知板

基調講演・特別講演 Keynote and featured speakers

 
画像 HARASHIMA Hideto
基調講演・特別講演 Keynote and featured speakers
2015年 11月 23日(月曜日) 14:53 - HARASHIMA Hideto の投稿
 

来る日本ムードルムート2016東京大会での基調講演者・特別講演者が決定いたしました.

基調講演

  • 千葉工業大学教授 仲林 清 氏「eラーニング技術標準化のもたらすもの: LMS, コンテンツ,学習履歴,そして・・・?」
  • ムードル本部コミュニティー教育者 マリー・クーチ女史 「コミュニティーのために働く:コミュニティー教育者の役割」
  • ムードル創始者 マーティン・ドゥーギアマス氏 (オンライン出演交渉中)


詳細についてはこちらのページをご覧下さい.https://moodlejapan.org/course/view.php?id=60&lang=ja

また,特別講演者として元ムードル本部プログラマーで現在任天堂勤務のジェダ・チャン氏,フランスソルボンヌ大学教授でフランスムードル協会代表のティエリー・コシェルニアック教授をお招きしています.

======================================

Keynote and featured speakers for MoodleMoot Japan 2016 have been finalized.

Keynote Speakers:

  • Prof. Kiyoshi Nakabayashi, Chiba Institute of Technology,  "Value of e-Learning Standardization: LMS Activities, Content, Learning Records, and More"
  • Mary Cooch,  Moodle HQ Community Educator,  "Working for the Community: The role of Community Educator"
  • Martin Dougiamas, Moodle HQ Representative (tentative online appearance)  

For details, visit here: https://moodlejapan.org/course/view.php?id=60&lang=en

Featured Speakers:

  • Jedha Chan, Nintendo, Japan, (former Moodle HQ programer)
  • Prof. Thierry Koscielniak, University of Sorbonne, France, representing Moodle Association of France 

 

画像 HARASHIMA Hideto
Re: 基調講演・特別講演 Keynote and featured speakers
2015年 12月 30日(水曜日) 18:17 - HARASHIMA Hideto の投稿
 

来る日本ムードルムート2016東京大会で御講演頂く3人の基調講演者,二人の特別講演者,合計5名の講演の全ての概要がまとまり,以下のページで日本語と英語で公開されています.是非ご覧下さい.ムードル創始者であるマーティン・ドゥギアマス氏のバーチャル出演も決定しました!ムードルの未来について何が聴けるでしょうか,期待しましょう.良いお年をお迎え下さい.

https://moodlejapan.org/course/view.php?id=60

MoodleMoot 2016 Tokyo organizers are happy to announce that all the abstracts of the three keynote speakers and the two featured speakers are now available in both Japanese and English on the moot page at the above link. Please take a look at them. The Moodle founder, Mr. Martin Dougiamas, has been confirmed OK for his virtual appearance, so keep your expectations high for what he speaks about the future of Moodle. Have a happy new year!