日本ムードル協会告知板

2016年度論文集/Proceedings 2016

 
画像 MATSUKI Takayuki
2016年度論文集/Proceedings 2016
2016年 03月 14日(月曜日) 15:13 - MATSUKI Takayuki の投稿
 

2016年度の日本ムードル協会全国大会発表論文集を発行することになりました. 以下の要領であなたのプレゼン原稿の提出を募集します.(English below)

  • 論文の種類は、一般論文、研究成果報告書(MAJから資金援助を得た6グループの方達:提出は義務となります)、査読付き論文です.論文集には,ISSN番号「2189-5139」が割り振られました.以前の論文集は、URL:https://moodlejapan.org/journal/ から閲覧できます.
  • 査読付きの論文の提出期限日は以下の締切を厳守してください.締切後は自動的に一般論文に回します.査読付き論文を希望される方は,論文送付メールに明記してください.その他の論文の締切も原則的に以下の締め切り日を守るようお願いします.
  • メールに添付して2016年4月30日(土)までに,editor_AT_moodlejapan.orgへ提出してくださるよう全てのプレゼンを行った方達にお薦めいたします.(_AT_を@に置き換えてください.) 
  • メールの件名は各paperID番号発表登録番号)としてください.もし無い場合には、プレゼンの種類(ワークショップ、スポンサープレゼン等)を件名に明記してください.半角数字の登録番号は原稿の左上にも書いて下さい.現在一時的に111が書かれています.
  • 発表論文集の原稿を用意する簡単な方法は,次のリンクからMS-Wordのテンプレート、日本語テンプレート(拡張子:dotx)、をダウンロードして、適切な箇所を上書きして論文を作成し、拡張子docx で保存してください.
  • 著者名、題名と概要は日本語と英語の両方を書いてください.
  • 処理を敏速にするために、提出はPDFファイルではなくこのテンプレートで作成したWordファイル(拡張子:docx (注意:dotx ではない)を送ってください(not PDF file).
  • 原稿は2(lightning talk)から6ページに制限します.
  • PowerPointファイルは受け付けません.必ずWordファイルで提出をお願いします。

MAJ will be publishing Proceedings of the MoodleMoot 2016. Please submit your draft following the information below.

  • Papers are classified into general paper, research report (obligatory for 6 groups who received fundings from MAJ in 2016), and paper with peer review. Our proceedings will be assigned an ISSN number, "2189-5139". Proceedings before 2016 can be seen at URL: https://moodlejapan.org/journal/ .
  • If you wish to submit a paper with peer review, please be punctual to the deadline written below otherwise your paper will be published as a general paper. You should mention that your paper be considered as a refereed section in your email with a draft. Other papers also submit a paper on the following date in principle.
  • We recommend all authors submit a draft of their talk to the editor, editor_AT_moodlejapan.org (please replace "_AT_" with the symbol "@" when you send the email), on or before April 30 (Sat.), 2016. 
  • Please put your presentation ID number as the subject of your email. If you do not have presentation number, please specify a type of presentaion, e.g., workshop, in the subject of your email. Also put your presentation ID number at the left-top of the draft where a temporary number 111 is written.
  • Please use only the MS-Word template provided here : English Template (extension is dotx). The easiest way to prepare a draft is to overwirte a MS-Word template provided with your draft and save it.
  • The draft may be in Japanese or English, however authors, title and abstract must be in both English and Japanese.
  • As it will save considerable time in preparing the proceedings, please send only the MS-Word with an extension docx draft (be careful this is not dotx) (and not PDF file).
  • We are restricting the number of pages for your draft to a minimum of two (lightning talk) and a maximum of six.
  • We do not accept a PowerPoint file. Please submit the Word file.