日本ムードル協会告知板

概要評価基準 Submission evaluation criteria

 
画像 RUTHVEN-STUART Peter
概要評価基準 Submission evaluation criteria
2013年 10月 30日(水曜日) 08:13 - RUTHVEN-STUART Peter の投稿
 

日本ムードルムート2014大会の発表申し込み締め切りは明日(10月31日)です。申し込みを完了した方、あるいはこれから申し込みをする方は下記の評価基準を参考にしてください。

The deadline for submissions to Moodle Moot Japan 2014 is tomorrow, the 31st October. If you have already made a submission, or are planning on doing so, please refer to the evaluation criteria below.

提出された概要は指定された文字数制限内に収まっている場合下記の評価基準で評価されます。 Submissions that are within the specified word count will be evaluated as follows.

 

Evaluation Criteria

評価基準

points
点数

1

Clarity of Submission: Is it clear what the applicant intends to present?

内容の明瞭さ: 何を発表するかが明確に表示されているか

10

2

Presentation Length: Does what the presenter plans to do and say match the 'session type' they have chosen?

発表の長さ: 内容と選ばれた発表形式が合っているか

10

3

Originality of Submission: Will this submission be an original or novel contribution to the Moot?

独創性と革新性: この投稿はMootに独創性的な貢献をするか

10

4

Appropriateness & Relevance to the Moot: Is the content relevant to and appropriate for Moot?

公募内容との関連性: 内容はMootの目標と合っているか

10

5

Quality of Content & Writing: Is the submission well written, error free and of the required length?

体裁や内容の質: 内容に誤謬がないか,必要十分な長さか

10

6

Overall evaluation: Overall, is this submission worth accepting?

総合評価: 総合的な評価として、この投稿は受理に値するか

50

     

100

プレゼンテーション募集」と「発表形式と概要について」も参考にしてください。

Please also refer to the "Call for Presentations" and the "Session Types and Abstract lengths"pages.

こちらのリンクより申し込みをお済ませ下さい。 Please click on the following link to make or edit a submission.

https://moodlejapan.org/course/view.php?id=57&topic=0#section-5